先日JP退職者送別会にて僭越ながら

ご挨拶をさせていただく時間を設けていただきました。

JPの皆様には現役の方からOBの方まで

日頃より大変お世話になっております。

長年の勤務大変お疲れ様でございました。

その後、会場を移し

消防団の集会に参加させていただき、

そちらでもご挨拶をさせていただきました。

操法大会の選手の激励も兼ねていると伺いました。

私も消防団として27年活動しておりました。現役時代、操法大会では自動車ポンプの三番を三度、指揮者を一度させてもらいました。消防団のいろはがすべて詰まっている操法大会。大会に向けての練習はきついのもがありますが、日に日に団結力が増し、大会終了時の達成感は選手にしかわからない歓びがうまれます。

初期消火の対応 、火災現場での対応、心肺蘇生法、指示連絡の徹底等、消防団に入団していたからこそ経験することが出来、習得した知識や技術は何にも代え難い財産といえます。

ここ数年は消防団員が不足していると伺っております。私は消防団の確保、そして活動を全面的に支援、応援してまいります。

JP退職者送別会と消防団